7年のブランク後、復帰した時が嫌でした。

MENU

7年のブランク後、復帰した時が嫌でした。

看護の仕事をしていて、結婚して出産、子育て主婦のため、看護を一時期辞めました。看護の仕事を辞めて気が付いたことですが、看護師はいつも緊張感の中で仕事をしていたことに気が付きました。

 

一度看護の仕事から解放されると、看護の仕事に戻るにはものすごいエネルギーがいりました。
離婚して母子家庭になった時、まずは実家の商売を手伝っていました。2年ほど働きましたが、自分には商売は向かないと悟り、ハローワークに通い始めました。看護師はしたくないと思い、ケーブルテレビの面接に行きましたが、子供が熱が出たからと休まれると困ります。ということで不採用、出版関係も見ましたが、結局看護の求人を探しました。

 

母子家庭なので夜勤のない病院をと思い、近くの病院に採用はないか電話しましたが、ことごとく断られ、履歴書を書いて持って行った病院が、産休で欠員あるからと、仕事見つかるまできてみますか?ということで、とりあえず、仕事が決まりました。
7年のブランクを経ての再就職となりました。

 

前病院では、あんなにしていた採血や処置、一つ一つが緊張の連続でした。重症の患者様も多く慣れない職場で指導してほしかったのですが、人間関係思わしくなく、仕事に行くのが辛かったです。今は仕事を辞めていますが、もう二度とその病院では働きたくありません。ものすごく傷ついたのを忘れられません。中には、私を理解してくれた友人もいましたが、三交替なので、友人のいない勤務はまさに地獄でした。夜勤をするようになって、スタッフも徐々に優しくなっていきましたが、最後まで二人だけは歩み寄ることはできませんでした。

 

私は臨時の職員で、何度もいいように勤務異動させられ、ストレスも半端なかったです。そんな生活も2年8か月続き、退職日の10日前に呼び出され「もう来なくていいです」と言われました。私は辞めたいと思っていたのである意味丁度良かったのですが、雇用保険もかけては無く、ひどい扱いを受けました。
その後は自分に合った病院を見つけ、長年働いております。
看護師7

 

トップページ