外からみたナースと内から見たナースの違いについて

MENU

外からみたナースと内から見たナースの違いについて

私は某病院のオペ室で看護助手として働いています。それまで病院で働いたことはなかったので、職場の雰囲気や人間関係はどのようなかんじなのだろう?と思いながら入職しました。

 

自分がいるところは病棟勤務でないため、異動することはありません。看護師さんだけが時々入れ替わるくらいです。しかし、ここで働いていて感じたのは、悪いひとといい人の差が激しいというところです。

 

世の中の看護師さんのイメージは優しいというものだと思うのですが、結構気が強いです。そして意外だったのは子供が嫌いという人が多かったことです。どうしてなのかはわからないのですが、病院で子供がいて泣いて騒いだということがあった時にボヤいたり、迷惑がっているというケースも多々あります。どうしてわかるのかというと、病院職員が入れるお風呂が院内にあり、仕事終わってお風呂に浸かっていると、離れたところで愚痴をこぼしている看護師さんがいるからです。まぁ、患者さんやドクターにも神経を使わなければならない立場なので少しはしょうがないのかなぁとも感じますが、本当に以外です。

 

そして、自分が一番違和感を感じるのは、嫉妬心でした。というのも、在籍しているオペ室は30代前の婚活中のナースが多いのですが、自分が彼女たちより先に結婚してしまったので距離を置かれてしまったのです。それまでニックネームで気軽に呼ばれていたのに新しい苗字になってから急に壁が出来た感じで、勘違いかもしれませんが。。。
看護師5
ですが、それを気にしすぎてもしょうがないので、習い事でストレスを解消しています。習い事は柔術です。オペを担当するドクターの中に格闘技に理解のある先生がいるので、そういった話をするのが本当に楽しいです。そして、オペ室の掃除を丁寧にして、気を紛らわすように努めています。とは言え、いじめに遭ったというわけではないし、基本的には悪い方たちではないので仕事もオペ室の雰囲気も好きです。ストレスを感じるのはお互い一緒ですからね。7年のブランク後、復帰した時が嫌でした。

 

トップページ