看護師はすぐに派閥を作りたがる!そこが嫌い!

MENU

看護師はすぐに派閥を作りたがる!そこが嫌い!

看護師として働いていて、思ったことは看護師は女性ばかりの職場であるので、女性同士で仲間を作ることが上手ということです。
仲間を作ることによって、助け合って仕事をすることができるからですね。
看護師は、特にチームワークが必要となります。
そのため、そのことはとても良いことであると感じます。
看護師4
しかし、その一方で派閥的な感じで作ることもしばしば。
そんな時、勤務移動できた時に、とても困ってしまいますね。
二つの派閥的な感じがある時、どちらかに入ることが望ましいのかと思ったりします。
確かに、どちらかに入ることによって、いろいろなことで仕事をしやすくすることができます。

 

例えば、仕事の内容で困った時、助けてもらうことが出来るのです。
また休みが続いた時等、その人たちに色々と情報として教えてもらうことができます。
そんな風に、仲間を作ることによって、仕事を円滑にすることが出来ることも事実です。

 

しかし、その一方で派閥がある事によって、違う派閥の人達と一緒に、仕事をすることがむつかしくなりますね。
違うグループだからといって、やっぱり違和感を持つことがあるのです。
そんな風に思うのは、夜勤の時ですね。
夜勤の時には、一緒に働く人数が少ないです。
そんな時、その少ない人数の看護師同士が一生懸命支えあって仕事をすることが必要です。
しかし、少し違和感を持ちながら働くことになるのです。
そんな時には、やっぱり派閥というのはおかしいと思ってしまいます。

 

看護師同士で意見が合わないというのは、よくある事です。
しかし、その意見の合うもの同士で仲良くするということは、義務であってはおかしいですね。
そんな状況から、抜け出したいと思って、職場をやめて行く人もいます。

 

女性同士の職場の場合、そんな風にやっぱり固まってしまうものなのでしょうか。
友人の看護師に聞いても、そんなことを話しています。
どこにいっても、女性ばかりの職場というのは、そのように派閥を作ってしまう傾向があるようです。